フリーターのまま高収入を得るなら副業は必須?

定職に就かず働く場合はたくさん稼ぐ生活を送るのは難しいと考える場合があるでしょう。しかし、働き方次第で正社員と同程度や超えるような収入を得る生活を送ることは可能です。ただ、アルバイトやパートで1つの仕事のみで実現するのは簡単なことではないです。そのため、フリーターの仕事をしながら高収入を実現したい希望を持っているのであれば、副業を選択肢の1つに入れてこれからの金銭面を検討するのが重要になってきます。

正社員はたくさん稼ぐ方法の1つ

正社員はアルバイトやパートに比べて支給される給料の金額が多かったり、福利厚生が充実したりといったメリットがあります。そのため、たくさん稼ぐ方法を探しているなら目指すべき道ではあるものの、会社によって条件は異なります。業績が好調だったり、規模が大きかったりする会社は新卒や中途で入社した段階で平均を上回っている場合はありますし、順調に昇給や昇格を実現していけば満足できる生活を送れるだけの収入を稼げるでしょう。
一方で業績が落ち込んでいる場合や規模が小さい場合は入社時から昇給や昇格を果たしても、給料の金額がなかなか伸びないケースは珍しくないです。ですから、正社員だからといって多くの収入を得られるわけではないことは理解しておくべきです。ただ、安定性を第一に求めるならアルバイトやパートに比べると魅力的です。それなりの給料でも良いという考え方をしている人にピッタリでしょう。勤務している会社に満足できない時は正社員での転職を視野に入れることで、求めている収入を得られるチャンスが増えます。

非正規雇用でたくさん稼ぐのは難易度が高い

正社員に比べて非正規雇用のフリーターがたくさん稼ぐのは難易度が高いです。基本給や手当などの条件が劣ってしまうものの、仕事量や難易度の部分で差があるので仕方ない面はあります。しかし、条件次第では可能性はあることを覚えておきましょう。たとえば、アルバイトやパート、派遣など複数の仕事を掛け持ちする方法は有効です。
1社ずつの条件では正社員に劣っていたとしても、2社や3社と掛け持ちしている会社の条件を合算して考えれば、大企業や優良企業で働いている場合に匹敵する収入を得られる見込みはあります。ただ、掛け持ちすることになると自由な時間が少なくなってしまいます。つまり、身体を休めたり、趣味でリフレッシュしたりする時間が減ります。
1社だけで働いていた時よりも負担が大きくなることを理解したうえで始めることが大事です。また、掛け持ちする働き方をする際は給料面だけではなく、仕事の内容をしっかりと把握することがポイントです。体力の負担が少ない仕事を選んだ方が本業への負担は小さくなり、続けられるようになります。

稼げる副業を見つけ出そう

フリーターで仕事を掛け持ちして働く以外の方法でたくさん稼ぎたいなら、副業にチャレンジすることをおすすめします。たとえば、自宅で取り組める方法なら外出せずに済む分、移動する体力や時間の消費を防ぐことができます。また、家事や育児などと並行しながら実践することも可能です。ただ、重要なのは自分が求めている収入を得られるかどうかです。上手くいけば問題ないですが、結果が出るまでに時間がかかったり、何回挑戦しても稼げなかったりすることはあります。
そのため、途中で諦めることなく続けられる強い意志を持っていること、色々な方法にチャレンジする積極的な姿勢が重要です。しかし、長く続けたからといって絶対に稼げるようになるとは限らないので、始める前に期限を決めることを推奨します。ダラダラと続けるくらいなら期限を決める方が集中して取り組めるようになり、結果に繋がります。残念ながら期限を迎えてしまった際はアルバイトやパートの仕事を掛け持ちしたり、正社員の仕事を探したりといった方向で検討するようにしましょう。

本業にできるくらいの方法を探す

フリーターのまま高収入を稼ぐために副業をスタートする際は、本業にできるくらいの方法を見つける気持ちで取り組みましょう。それくらい真剣に探した方が自分に合う方法を見つけられますし、試す時も成功させるために全力を尽くせるようになります。自分に合う方法が見つかって少しずつ収入がアップしている場合は、アルバイトやパートを辞めて本業にすることを考えることをおすすめします。まだ早いと感じたり、上手くいかなくなった時の保険と考えたりするなら辞める必要はありません。しかし、現状よりもさらなる高収入を目指すのであれば、勇気を出して本業にすることは価値のある選択肢です。
簡単に決められることではないので悩むでしょうが、いつまでもチャンスがある状態とは限らないので早めに決断すべきです。ただ、本業にすることはなかったとしても、アルバイトやパートの仕事と並行することになるため、出勤回数や勤務時間の部分の見直しは必要です。少しでも多く作業する時間を確保したいなら、出勤回数や勤務時間を減らすことを検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする