フリーターが転職・就職して高収入を得る例

フリーター生活に飽きてくると、そろそろ就職して正社員でもやってみようかな~と思うことがありますよね。でも、アピールできるような実務経験やスキルがないと、高収入が得られる仕事に就くのは難しいのかも?という不安を持つ人も多いでしょう。しかし、転職方法を間違えなければ、給料の良い仕事に就くことは可能です。ポイントはあなたを求めている会社を見つけること。正社員経験のある人に混じって活躍できる企業を選んで、楽にたくさん稼げる職場への入職を叶えましょう。

スキルの必要がない営業職

人と話すのが得意なフリーターの方におすすめなのが営業職です。営業は様々な業界でたくさんの求人がある仕事で、成果を出せればかなり稼げます。しかし、歩合制になっている職場は基本給が低いため、実力が付くまでは低い給料で努力しなくてはいけません。初日から売り上げが上がることはないにしても、人を動かすトークができれば、驚くほど短期間で高収入が得られます。営業職を選ぶ際には給与額だけでなく、自分の適性に合った企業を選ぶのが成功ポイント。不動産に興味があるなら不動産業界、過去に医療系の仕事をしたことがあるなら医療業界と、戦う場所を間違えないことが最も重要です。それに、営業は体力勝負。業界によっては毎日飛び込み営業になることもあります。新規開拓の営業が嫌な場合には、取引先が限られたいくつかのメーカーのみ、など自分で新規開拓をしなくても済む会社を選べば、そこまで苦労することなく成果を出すことができるでしょう。過去に何も経験がなく、あまり勉強をしたくないタイプの人はガッツで勝負できる営業職で、給与アップを狙ってください。

頭を使いたくないのであれば工場勤務

フリーター経験のある人が大勢働いている工場勤務は、単純作業の割に福利厚生が優れている企業が多いのがメリット。工場勤務というと給与が低いイメージがありますが、勤務先選びを間違えなければ、25万円以上など、そこそこ良い給与の工場が見つかります。ポイントは大企業が経営している系列の工場を選ぶこと。小さい規模の工場では、辛い労働の割に給与が安く、福利厚生もあまり良くありません。だから、フリーターから工場勤務を希望する場合には、必ず運営母体をチェックしておいてください。バックの大手企業が付いていれば、福利厚生が本社勤務の人と同じ条件でかなり充実しています。手当がしっかりとつけば、通勤にかかる金額や、住居費の節約につながり手元に残る金額が大幅にアップします。それに、福利厚生が優秀な職場は有休取得率も高いのが特徴。プライベートを充実させたいフリーターの方は、大手企業が運営する工場がおすすめ。また、工場勤務は人と話すのが苦手に人に最適。工場内の限られた人と連絡事項を伝える程度の会話のみで正社員として働ける点も良さです。

IT業界でスキルを身につけながら働く

これからに向けてスキルを身につけながら正社員就職したい人は、IT業界でプログラマーを目指しましょう。IT業界というとスキルがないと就職できないイメージがありますが、慢性的なプログラマー不足のため未経験無資格でも内定をもらえる職場が増えています。IT業界への転職を成功させるポイントはスクールと就職支援が同時に受けられるサービスを使うこと。未経験OKとはいえ、最低限の知識は必要です。しかし、プログラミングスクールに通ったところで現場で役立ちスキルは身に付きません。だから、最初から入職するために作られているスクールを利用し、2~3ヶ月という短期間で現場で必要なスキルのみをマスターします。そしてスクールとセットになっている企業に入職し、後は現場でスキルアップしていけば問題なく高輸入が得られます。勉強が必須にはなりますが、技術を身に付ければエンジニアとして独立することも可能。今後、IT業界はますます需要が増えるので、早めに技術を身に付けておけば人よりも一歩先を行く転職活動が行えるでしょう。

介護業界で管理職を目指す

常に人手不足の介護業界も、フリーターから転職する人が多い職業のひとつ。なぜ介護業界がフリーターから人気があるというと、経験なし無資格で入職でき、働きながら資格取得ができるからです。介護業界では、初任者研修という初心者向けの資格を取って実務経験を積めば、いずれは国家資格である介護福祉士の資格も取れます。国家資格保持者になりたいフリーターの方は、未経験でも入職先が選び放題の介護職がおすすめです。しかし、介護職はブラックで低賃金だと言われています。そのため、職場選びは慎重に行うことが大切。無資格の人が無料で資格取得できるサービスを使えば、初心者に優しい職場を教えてもらえます。ハローワークで介護の仕事を探すのは危険なので、必ず介護業界に詳しい人に職場を紹介してもらってください。介護福祉士になって実務経験を5年以上積めば年収400万円以上の職場にラクラク入社できます。また、介護業界は勤め先を変えやすく、そのたびに給料をアップさせることができるのが大きなメリット。今後のことを考えているフリーターの人は需要がますます増える介護の仕事にチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする